たくさんのお札

クレジットカード現金化サービスとローンはどこが違うのか

お金が欲しいときに利用する方法として、思い浮かぶのがカードローンとか銀行や消費者金融の融資です。最近はクレジットカード現金化サービスがあり人気を博しているようです。クレジットカードのショッピング枠があれば簡単に利用できるのです。この記事では【クレジットカード現金化サービスとローンはどこが違うのか】について詳しく解説します。

1番目は「返済する場合の手数料の違い」です。

円マークとお札
金融機関で融資を受けることができるならば金利は低いでしょう。ですが実際に銀行が個人の借り入れの申し込みの場合は厳しい審査があります。必然的に一般的には消費者金融での借り入れになるのです。この場合の返済方法は二者択一で一括払いかリボルビング返済になります。
返済の方法は利用時の基本項目ですので、しっかり把握しておきましょう。

返済の見込みがあるならば一括払いです。そのときの手数料はそれほど心配することはありません。問題はリボルビング返済をする場合です。こちらは返済期間が長期化すると、とても損をすることになるから注意しましょう。
毎月の金額が低いから返済しているときも気がつきにくいです。計算をしてみるとかなりの金額を支払っていることがわかります。

ですがクレカ現金化サービスならば、一括払い・分割払い・リボルビング払い(リボ払い)を自由に選べます。分割払いでも3回までならば手数料は無料です。最初は分割払いにしておきましょう。返済がキツくなったら、その段階でリボに切り替えれば大丈夫です。こういた裏ワザ的な知識を持っておくと上手にクレカ現金化サービスを利用できます。少しでも手数料を少なくするのがポイントになります。

2番目は「総量規制の対象になるかどうかの違い」です。


融資やローンは総量規制の対象です。そしてクレカ現金化サービスは総量規制の対象にはなりません。総量規制の説明をしておきましょう。金融機関である銀行や消費者金融からお金を借りる場合に、無制限に借りると返済できなくなりますから、その救済措置として一定の最大借入額を設定しているのです。

金融機関は融資を受ける人の年収の3分の1しか貸せないことになっています。これは毎月の収入が一定ではないフリーターや派遣社員にはとても不利な条件になります。複数の金融機関から借り入れしていても合計の3分の1です。クレカ現金化サービスの場合は、規制の対象外です。ショッピング枠に余裕があれば現金を貸してもらえます。

3番目は「店舗に行く必要があるかないかの違い」です。

電話1本でできるのがクレカ現金化サービスです。銀行やノンバンクなどの金融機関での融資ならば必要書類も多く店舗に出向かなければなりません。

いかがでしたでしょうか?

クレカ現金化サービスの場合は、クレジットカードで買い物をした記録しか残りません。「お金を借りた履歴」が残らないのも違いとしてあります。

≪ 前の記事: を読む

Copyright(C)2017 急な出費も安心!お手軽手段、現金化とは All Rights Reserved.